お知らせ

【IRニュース】日本調剤:平成30年3月期  第3四半期決算短信

日本調剤:平成30年3月期  第3四半期決算短信

日本調剤株式会社の第3四半期累計期間の業績は、売上高、利益ともに期初計画を達成し、前年同期比大幅な増収増益を実現し、売上高180,250百万円(前年同期比8.6%増)、営業利益8,328百万円(同36.5%増)、経常利益7,988百万円(同38.4%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益5,015百万円(同51.6%増)となった。なお、通期計画に対する当第3四半期累計期間における進捗率は、売上高76.8%、営業利益82.4%、経常利益81.5%、親会社株主に帰属する四半期純利益88.9%となっている。

調剤薬局事業では、28店舗を新規出店し、5店舗を閉店した結果、総店舗数は580店舗(物販専業2店舗を含む)となった。
売上高については、152,799百万円(前年同期比8.6%増)と増収となり、利益面についても、第2四半期連結累計期間までの状況を持続し、営業利益9,050百万円(同35.1%増)と大幅な増益となった。

 

BACK TO LIST