お知らせ

【IRニュース】メディカルシステムネットワーク:2019年3月期第1四半期決算短信

メディカルシステムネットワーク:2019年3月期第1四半期決算短信

株式会社メディカルシステムネットワークの当第1四半期連結累計期間における業績は、主力事業である医薬品等ネットワーク事業が順調に推移したことや、調剤薬局事業において新規出店やM&Aにより取得した店舗の業績が寄与したこと等により、売上高は23,856百万円(前年同期比2.2%増)となったが、利益面については、2018年4月に行われた薬価改定及び調剤報酬改定の影響等により営業利益212百万円(同64.2%減)、経常利益192百万円(同67.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益101百万円(同65.1%減)となった。前年同期比では増収減益となったものの、期初計画に対しては計画を上回り順調に推移したとしている。

調剤薬局事業に関しては、調剤薬局2店舗を新規出店するとともに事業譲受けにより5店舗を取得する一方、ドラッグストア1店舗を閉鎖し、2018年6月30日時点での店舗数は、調剤薬局406店舗、ケアプランセンター1店舗、ドラッグストア7店舗となった。
当第1四半期連結累計期間における業績は、新規出店やM&Aにより取得した店舗の業績が寄与したこと等により、売上高は22,222百万円(前年同期比3.2%増)となった。利益面については、薬価改定及び調剤報酬改定の影響等により、営業利益130百万円(同77.9%減)となった。

BACK TO LIST