お知らせ

【IRニュース】ウチヤマ:2019年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

ウチヤマ:2019年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ウチヤマホールディングスの当第1四半期連結累計期間の売上高は6,541,138千円(前年同期比3.7%増)、営業利益は124,060千円(同40.5%減)、経常利益は214,769千円(同16.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は129,738千円(同20.9%減)となった。

 

介護事業においては、5月に介護付有料老人ホーム「さわやかおかざき館(愛知県岡崎市)」及び併設で障がい児通所支援事業放課後等デイサービス「さわやか愛の家おかざき館」ならびに障がい児通所支援事業放課後等デイサービス「さわやか愛の家しものせき館(山口県下関市)」を開設したほか、6月には介護付有料老人ホーム「さわやか桜参番館(秋田県秋田市)」及び併設で障がい児通所支援事業放課後等デイサービス「さわやか愛の家さくら館」ならびに介護付有料老人ホーム「さわやかひめじ館(兵庫県姫路市)」を新規開設した。これにより、当第1四半期末時点での営業拠点は99ヶ所176事業所となった。

既存施設においては、空室を減らすために、近隣の病院や居宅介護支援事業所への訪問による連携の強化を推進することで入居率の安定化を目指し、当第1四半期連結累計期間での既存施設の平均入居率は96.7%(前年同期既存平均入居率93.4%)となった。

一方で当第1四半期の新規開設に加えて、前期2月に4施設、3月に1施設の介護付有料老人ホームを新規開設しており、これらの施設の管理人件費や施設維持費等は開設当初から固定費として一定額が必要となることから費用先行となり、当第1四半期の収益にも影響を与えることとなった。
これらの結果、売上高は4,326,261千円(前年同期比11.1%増)、セグメント利益は331,905千円(同1.6%減)となった。

BACK TO LIST