お知らせ

【IRニュース】クオール:平成31年3月期 第3四半期決算短信

クオール:平成31年3月期 第3四半期決算短信

クオールホールディングス株式会社の当第3四半期連結累計期間におけるグループ連結業績は、売上高106,221百万円(前年同期比2.1%減少)、営業利益5,004百万円(前年同期比28.4%減少)、経常利益5,135百万円(前年同期比28.6%減少)、親会社株主に帰属する四半期純利益3,135百万円(前年同期比24.6%減少)となった。
10月に予定していた大型M&Aの実施時期が1月にずれ込んだこと、調剤報酬・薬価改定の影響を受けたことにより若干の未達となった。第4四半期については、大型M&Aにより1月31日時点で25店舗増加しており、ジェネリック医薬品の使用促進、かかりつけ薬剤師・薬局機能の強化を加速させることにより、業績の回復及び、来期に向けた収益力の向上を図っていく考え。

 

保険薬局事業においては、新規出店14店舗、事業譲受けによる取得1店舗、子会社化による取得22店舗の計37店舗増加した一方、閉店等により14店舗減少し、グループ全体で店舗数は741店舗となった。
業績については、大型M&Aの実施時期のずれ込みや、調剤報酬・薬価改定の大きな影響を受け、売上高は98,245百万円(前年同期比2.3%減少)、営業利益は4,611百万円(前年同期比29.3%減少)となった。

BACK TO LIST