お知らせ

【IRニュース】メディカルシステムネットワーク:2020年3月期 決算短信

メディカルシステムネットワーク:2020年3月期 決算短信

株式会社メディカルシステムネットワークの2020年3月期の業績は、売上高105,241百万円(前年同期比7.1%増)、営業利益1,615百万円(同13.0%増)、経常利益1,560百万円(同3.9%増)となった。

医薬品ネットワーク部門が順調に推移したことや調剤薬局部門において前期M&Aにより取得した店舗の業績が寄与したことに加え、長期処方や高額薬剤の処方箋が増加して処方箋単価が上がったこと等により、売上高は順調に推移した。

一方で、2020年1月以降は新型コロナウイルス感染症の影響による受診控えやインフルエンザウイルス感染が例年を下回って推移したこと等により、処方箋応需枚数は伸び悩む結果となった。

また、経営環境が悪化し収益性が低下した薬局店舗の固定資産やM&Aにより取得した子会社株式ののれんに係る減損損失を特別損失として計上したこと等により、親会社株主に帰属する当期純損失は895百万円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純利益462百万円)となっている。

 

セグメント別の業績に関して、調剤薬局部門においては売上高は99,617百万円(前年同期比7.9%増)、営業利益3,743百万円(同13.0%増)、2020年3月31日現在の店舗数は、調剤薬局416店舗、ケアプランセンター1店舗、コスメ・ドラッグストア8店舗となった。

BACK TO LIST