住宅型有料老人ホーム業界 M&A売却・譲渡案件一覧

  1. 介護・医療・福祉のM&AならCBパートナーズ
  2. M&A案件一覧
  3. 住宅型有料老人ホーム業界のM&A・事業譲渡案件一覧

SEARCH検索

エリア
業態
希望価額
譲渡方法

住宅型有料老人ホームは、定員基準の撤廃などの影響から、年々施設数は増加している傾向にあります。 しかし、地方自治体へ届け出をし、認定されなければ運営ができないような業態でもありますので、 M&A・事業承継の市場では、譲受(買手)から人気の高い業態となります。 入居者がいるため、安定的に収益が得られるということから、将来にわたる収益が想定しやすいのも魅力の一つです。

譲渡側のメリット

住宅型有料老人ホームのM&Aによる譲渡側のメリットは、他の介護系の業態よりも譲受先が見つかりやすく、
素早く資金かできる可能性があることや不動産を保持している場合には、譲渡によって、
決算書の見栄えが良くなるなどのメリットがあります。
人気の業態のため、他の業態よりも高値がつきやすい傾向があります。

譲受側のメリット

住宅型有料老人ホームは、新規設立にも多額の資金を必要とし、経営が安定・資金を回収するまでにも時間がかかる事業ですが、
M&Aによって譲り受けることができれば、最初からある程度安定している状態で経営に参画することができます。収益の予測もしやすいため、より堅実に収益・利益確保の計画を立てながら事業運営をすることができます。