地域密着型デイサービス業界 M&A売却・譲渡案件一覧

  1. 介護・医療・福祉のM&AならCBパートナーズ
  2. M&A案件一覧
  3. 地域密着型デイサービス業界のM&A・事業譲渡案件一覧

SEARCH検索

エリア
業態
希望価額
譲渡方法

地域密着型デイサービスは、地域の介護連携の入口のような役割を担っていますが、
新型コロナウイルス蔓延の影響で多大な影響を受けた業態の一つです。
経営・運営上に多大な影響があったため、M&A・事業承継のニーズも非常に向上しており、
譲渡・譲受側両方ともに活発な市場状況となっています。
全国にデイサービスの施設が点在しているため、今後業界再編が起こり得る業態である傾向にあります。

譲渡側のメリット

地域密着型デイサービスのM&Aによる譲渡側のメリットとしては、
譲渡利益の獲得と廃業手続きをしなくて良いことが挙げられます。
地域密着型デイサービスは、定員の上限のルール上、一つひとつの事業規模が大きくありません。
それでも、経営が上手くいっていれば譲渡することが可能で、譲渡による対価を確保することが見込めます。
廃業する場合には廃業に関するコストも手続きの手間もかかりますが、譲渡する場合には、譲渡の手続きのみで事業を手放すことが可能です。

譲受側のメリット

地域密着型デイサービスのM&Aによる譲受側のメリットとしては、事業をゼロから立ち上げる負担の軽減、スケールメリットを得ることができる、新たなエリアへの進出が容易であるの3点が挙げられます。
特に、地域密着型デイサービスは1事業所のみの運営の場合、利益を出しにくい業態ですが、複数運営することによって経営を安定させることができ、コストの低減が図れる部分もあるため、スケールメリットや複数運営による安定化は大きなメリットと言えます。