訪問介護業界 M&A売却・譲渡案件一覧

  1. 介護・医療・福祉のM&AならCBパートナーズ
  2. M&A案件一覧
  3. 訪問介護業界のM&A・事業譲渡案件一覧

SEARCH検索

エリア
業態
希望価額
譲渡方法

訪問介護は、自宅で利用できる介護サービスで、利用者や家族だけでは日常生活が難しくなってきたような方が対象となります。 超高齢化社会の到来が予想されている日本において、在宅介護サービスは、今後利用者が増えることが予想され、市場での注目が高まってきております。 M&Aでの取引金額は事業規模によって左右されますが、今後もニーズがあると予測されます。

譲渡側のメリット

訪問介護は、介護人材を獲得できるかどうかが経営において重要なポイントとなる為、採用難やスタッフの退職を機に譲渡を検討されるケースが多くございます。廃業ではなくM&Aにより譲渡することで、利用者様への継続的なサービス提供、人材の継続雇用に繋げられる点がメリットとして挙げられます。

譲受側のメリット

新規立ち上げではなく、M&Aにより訪問介護を譲受することで、従業員の採用・育成に掛かる労力、利用者様の新規獲得のための時間を軽減できるという点が大きなメリットとなります。更に、既に訪問介護事業を運営している場合も採用目的、従業員の勤務施設を増やすことでのキャリア形成、離職防止を目的として譲受を希望されるケースもあります。