訪問看護業界 M&A売却・譲渡案件一覧

  1. 介護・医療・福祉のM&AならCBパートナーズ
  2. M&A案件一覧
  3. 訪問看護業界のM&A・事業譲渡案件一覧

SEARCH検索

エリア
業態
希望価額
譲渡方法

訪問看護事業は、看護師が利用者の自宅を訪問し、病気や障害に応じた看護を行うサービスのことですが、
自宅で最期を迎えたいという希望を持った高齢者の増加が今後見込まれることから、M&Aの市場では、
近年ニーズが高まってきています。今後も安定して譲受のニーズが高まる業態と言えるでしょう。

譲渡側のメリット

訪問看護は、看護師を獲得できるかどうかが経営において重要なポイントとなる為、採用難やスタッフの退職を機に譲渡を検討されるケースが多くございます。廃業ではなくM&Aにより譲渡することで、利用者様への継続的なサービス提供、人材の継続雇用に繋げられる点がメリットとして挙げられます。また訪問看護は、人気な業態であるため譲受先が見つかりやすい事業形態でもあります。

譲受側のメリット

新規立ち上げではなく、M&Aにより訪問看護を譲受することで、従業員の採用・育成に掛かる労力、利用者様の新規獲得のための時間を軽減できるという点が大きなメリットとなります。また住宅型施設を運営しており、医療体制を他法人に頼っている場合は、自前で医療提供を行うことができ経営の効率化、収益の拡大が見込めます。