病院・クリニック

クリニックM&Aの現状と今後

診察をする医者

クリニックM&A市場

今後クリニックのM&A市場はさらに加速していくことが想定されます。
その理由としてクリニックでは高齢化が顕著にみられているからです。

既存のクリニックのうち、院長が60歳以上の割合が全体の45%以上を占めており、
そのうちの90%以上後継者がいないといわれています。

開業希望Dr

クリニック医師の年齢が高齢化している一方で、開業希望のDrは増え続けています。

人口は減ってもクリニックは増え続けており、
既存のDrにとっては競合が増えるといった状況に陥っています。

しかし、最近では新規開業をされるケースよりも、M&Aによる承継開業を希望されるケースも増えてきております。

理由としては、既に患者さんがついているクリニックを引き受けることで、失敗のリスクを減らすといったことが挙げられます。

今後のクリニックM&A

今後はより一層M&Aによる承継開業は増えていくと考えられます。

クリニックは閉院することで困る患者さんも多く、
地域にとって必要な医療が受けられなくなる可能性があるためです。

そういった状況を回避しつつ、開業希望Drのニーズにもマッチしていくため、
若い世代に次の医療を託していくことも必要になるのではないでしょうか。

我々は医療の引継ぎを実施する会社です。

ただ単にM&Aを行うのではなく、医療(専門や患者様への医療)をどのように引き継ぐか、今後の地域医療をどう発展させていくかをご一緒に考えさせていただき、実行いたします。

後継者不在で悩んでおられる先生方がおられましたら、ぜひ一度ご相談くださいませ。

 

譲渡に関する相談をする

Share This Page

BACK TO LIST