介護施設

株価算定の重要性

患者に話しかける看護師

株式評価額の把握は忘れずに

日々の業務でご多忙な経営者様は、
自社の株価がどのぐらいの評価額かを知る機会はなかなかないと思います。

しかしながら、自社の株式評価額を把握しておくことは非常に重要です。

企業オーナー様の財産内訳をみると、自社株が大半を占めているケースも珍しくはありません。

この状態で万が一相続が発生した場合、
自社株の評価が高ければ高いほど、
多くの納税資金の確保が急務になり、
その財源確保のために会社の資金を活用することも多くあります。

本来、事業の運転資金や設備投資資金である会社の財源を納税のために使うことは、財務内容の悪化につながる可能性があります。

 

事前に自社株の評価額を算定しておき、
相続税額のシュミレーションを行い、
株式の一部を後継者に譲渡しておくなどの対策をとっておくことは非常に重要です。

 

また、自社株を算定しておくことにより、
M&Aが経営判断上選択肢に入ってきた場合、
その後の手続きのスピード感は全く違うものになってくると思います。

 

弊社は企業の価値算定を無料で行っています。

今すぐの対策をご希望の方、今すぐの対策ではなくても、
少しでも経営に関する不安をお持ちの方は、弊社までお気軽にご相談くださいませ。

 

価値算定に関する相談をする

 

Share This Page

BACK TO LIST