アドバイザー紹介

スーパーバイザー
藤本 寛Hiroshi Fujimoto

可能性がある限りは、すぐ取り組む

大学卒業後に食品会社にて医療機関営業とM&Aの業務を経験。
在職中に経営大学院に通いMBAを取得し、現職に至る。

役職スーパーバイザー
担当エリア西日本エリア
担当部門医療事業
座右の銘すぐやる

アドバイザーとしての心がけ

アドバイザーとして心がけていることは、『相手の目線に立ってわかりやすく説明すること』です。

私は主に病院・クリニックの案件を担当しており、医師とお話する機会がほとんどです。
医師の中でM&Aを頻繁に実施する方は多くありません。
譲渡を検討されている医師は、地域を支えてきた病院・クリニックを閉ざすよりは次代に繋げたいという考えを持ち、譲受を検討される方は地域に根差した医療の体制を崩すことなく継続させたいと考えておられます。

両者ともに慣れない譲渡・譲受を進める中で、お互いをしっかり理解することは円滑な承継を行う上で欠かせません。
立場の違う両者の間に立つアドバイザーは、要望と状況を理解して、相手の目線に立ってわかりやすく説明することが最も重要だと考えています。

アドバイザーを志したきっかけ

家族が病気がちで、幼少のころから医療の重要さを感じていたことから、仕事は健康や医療に関わることに従事したいと考えておりました。

前職で医師と関わる機会が多くあり、昨今問題になっている経営者の承継問題は病院・クリニックでも同様に起きていることを知りました。
このままでは地域の医療が守れないのではないかと強く危機感を感じたことを覚えております。
承継において、親族内承継や親族外承継だけでなくM&Aという選択肢もあることをもっと知ってほしいという想いから、アドバイザーに興味を持ちました。

医療分野は頻繁に制度や報酬に変化があり、承継を含めた経営には専門的な知識が不可欠です。
医療・介護・福祉を専門としてM&A仲介を実施しているCBパートナーズに転職し、現在は西日本担当として病院・クリニックのご相談を中心に継承のお手伝いをしております。